個人用印鑑

個人印鑑

用途に合わせたサイズを選びましょう

ishizuka

 

印鑑には用途に合わせて適切な大きさがあります。
【実印】には主に13.5mm以上の印鑑を用います。
【銀行印】は実印より一回り小さく作ることが一般的です。
【認印】は12mm以下のサイズを選びます。

※納期は通常翌日お渡しです。
お急ぎの場合は、ご相談ください。お希望に添えない場合もございます。予めご了承ください。

 

印鑑の用途サイズ

簡単にまとめると上記の様になります。
当店の人気では、
男性実印は16.5mm
女性実印で15mm
銀行印は男女問わず13.5mmです
まずは、お使いなる印鑑はどの様な用途なのかを考えて、サイズを選びます。
傾向としては、男性はより大きく、女性は控えめに一回り小さく作ります。

■印鑑の使い分け、男性の場合はこれがお勧め
【実印】印相体でフルネーム16.5mm
【銀行印】篆書体で姓または名のみ13.5mm
【認印】古印体で姓のみ12mm

印鑑サイズ2

(女性の場合は、実印が、15mmで、印相体のフルネームまたは名のみに変わります)

サイズが決まったら材質を選びましょう

さてサイズが決まりました、次にすることは素材を選ぶことです。
材質選びのポイントは、【耐久性】と【押しやすさ】です
印材として、誰もが思い浮かぶ【象牙】は、耐久性と捺印性において性能面では群を抜いていますが、他にも様々な素材がありますので特徴を比べてみたいと思います。

本象牙 天然黒水牛 白オランダ

【実印】の人気は、「本象牙」「天然黒水牛」「白オランダ水牛」です
実印は、特に「持ち主を現わす分身のようなもの」と言われ、より耐久性の高い素材が好まれます。

■象牙の特徴
印鑑の材質で真っ先に頭に浮かぶのが「象牙」、印鑑=象牙が一般的な考えですよね。ではなぜか? それは、印鑑に最も適した素材だからです。
・経年劣化がほとんどない(印影に変化がないので、一度作ったらよっぽどのことがない限り作り直す必要がない)
・抜群の捺印のしやすさと美しさ(朱肉のなじみが良く適度な弾力がある)
・印面の彫りも綺麗
・水牛とは違い、変形やひび割れも少ない。象牙は稀少性だけで高価なのではありません

■水牛の特徴
角はもともと、皮膚や髪の毛、爪と同じような角質の固まりです。
保管方法としてケースに入れていなかったり、温度変化の激しい環境では、乾燥などから、ひび割れや変形などをおこすことがあります。
基本的に、はんこ屋さん21で扱っている角材は、芯を持ってますので、目が詰まっていて耐久性はありますが、比較的真ん中から痩せていきます。乾燥を防ぐ為に、しっかりケースに入れて、冷暗所に保管。半年から1年に1回は、椿油やオリーブオイルなどを塗ってケアをしてください。
・固いく耐久性は高い
・比較的、乾燥に弱い(ひび割れや変形をおこす)
・捺印がしづらい(弾力がなく、朱肉のなじみが悪い)
天然黒水牛、白オランダ水牛の違いは、牛の種類と角の色が違い稀少性で金額が違う。質に大きな違いはありません

実印の場合、男女問わず、お勧め印鑑は「本象牙」ですが、
男性には黒い「天然黒水牛」
女性には色の美しい「白オランダ水牛」も人気があります。

黒水牛 オランダ 本柘 彩樺

【銀行印】にも、もちろん「本象牙」がお勧めですが、
予算の関係上難しい方などは、十分な耐久性を持った「水牛系」の素材をお勧めしています。「天然黒水牛」や「黒水牛」は「黒字になる」と縁起を担ぐ方もいます。
比較的安価な、「黒水牛」は天然素材のままでは、色めの問題などで売り物にならない素材を、人工的に黒く染めたモノです。黒く染めるための塗料と角との質の違いから、乾燥時の収縮率も違うので、天然ものに比べてもヒビ割れやすい材質です。
「本柘」は水牛類に比べても耐久性に乏しい。木材の中では、目の詰まった固い材質ですが、やはり、あくまで木材であるので朱肉を吸ってしまってもろくなりやすいので。認印以外にはあまりお勧めできません。

黄門 その他にも、様々な素材をご用意しています。
お気軽にご相談ください。

書体を選ぼう

はんこ屋さん21では、基本的に下記の5書体からお好きな書体をお選び頂けます。
※印鑑登録するのに書体の制限はございません。

書体

■印相体(いんそうたい):篆書体を日本でアレンジさせた文字で、中心から八方向に文字が枠に付いているのが特徴で、八方篆書や吉相体とも呼ばれ、縁起が良いとされています。現在、個人の実印では圧倒的に人気のある書体です。

■篆書体(てんしょたい):甲骨文字や金文を起源としており、全ての漢字のルーツのような文字で、縦長の字で、文字の太さが一定で、横字は水平で縦字は垂直になるのが特徴です。 印鑑や書道でよく使われています。特に法人の印鑑、個人実印や銀行印などに使われます。

■古印体(こいんたい):ルーツは大和古印と呼ばれている奈良時代の寺社印で、日本で進化した独特の印章用の書体。虫喰いや墨だまりが風雅な趣を醸し出す奥深い書体です。認印によく使われています。

■楷書体(かいしょたい):隷書体の筆記体と言われ、日常多く使われている筆文字です。読みやすいので、主に「シャチハタ印」などに使われています。

■行書体(ぎょうしょたい):楷書体を流れるように崩した筆記文字がこの書体です。流れるような美しい文字ですが、略字的な崩しが入りますので、旧字のカタチにこだわる方には不向きな文字です。

価格をご確認ください

サイズと材質が決まって書体に目星が付いたら価格の確認をお願いします。
予算の関係で、選んだサイズや素材ではお作りできない場合のアドバイス。サイズはなるべく下げずに、素材で調整しましょう。【最終的に残るのは、押した後の印鑑ですから】
※当店の価格には、彫刻代が含まれております

個人印鑑価格表

【セット がお得です!】
実印と銀行印の2本セットや3本セットがお得です!!

個人印鑑セット

伝統工芸士が彫刻する印鑑

山梨の伝統工芸士が手彫りする印鑑を購入できます

 手彫り印鑑

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

店名 はんこ屋さん21 札幌琴似店
住所 〒063-0803 北海道札幌市西区二十四軒3条7-1
TEL 011-618-8521
FAX 011-618-8522
営業時間 平日/10:00~18:00
土曜/10:00~15:00
定休日 日曜日、祝祭日、年末年始

はんこ屋さん21 札幌琴似店